転職後、自分の会社が「悪の秘密結社」だと気づいたら?

以下、当サイトが多数の方たちから集めた転職体験談となります。

転職後、自分の会社が「悪の秘密結社」だと気づいたら?

転職は何度もしてきましたが、その中でも忘れられないものが、某金融系の会社への転職です。

 

それまでは、転職情報を紹介するWEBサイト経由で自分で仕事を探していたのですが、実際に職について見ると、

 

 細かい部分で話が違う

 

という事が多く、限界を感じていました。

 

募集広告と私の就業条件が違っても、会社側は、

 

 最初は本当にその条件で考えていたが、事情が変わった

 

とか、

 

 広告に載せたのは一部だけであって、採用する全員が同じ条件では無い

 

など、いくらでも理由づけができます。
下手をすると、

 

 この人の場合、仕事する能力に問題があるので・・・

 

と、こちらのせいにされかねません。

 

こういう事が無い様に、いわゆる仲介業者に斡旋して貰う事にしたワケです。
いわゆるヘッドハンターですね。
この方法ならば、後から話が違ったら、仲介した会社に苦情を申し立てる事ができます。
ある程度、仕事についても、人材についても、この会社が「保証」をしているワケで、安心感はありました。

 

実際、紹介して貰った会社も、

 

 金融系の大手会社

 

との事で、経営基盤がかなり安定していると聞きました。

 

ところが・・・。
実際に入社してみると、金融系と言っても、いわゆる

 

 サラ金

 

の大手でした。
聞いた事が無い社名だったのは、小さな会社を買収して、その名前で子会社としていた為です。

 

中から見たサラ金と言うのがまた・・・まぁ、詳しくは書けませんが、自分は試用期間3ヶ月の終了を待たず、この会社を辞めました。
事業のやり方に問題がありそうだったのもありますが、何よりも、親会社であるサラ金で、

 

 人がどんどん辞めている

 

事が分かった為です。
当然、サラ金と判っていて入社した人達で、自分なりの覚悟を決めて社員となっていたはずです。
しかし・・・結局の所、人間は、善良な生き方を望んでしまう物らしいですね・・・。

 

ドラマや映画じゃあるまいし、「非情」な人間になんてなれるはずありませんし、なりたくもありません。
自分が仕事をする事で、誰かが大変な目に会うのであれば、そんな仕事自体、するべきでは無いと感じたワケです。

 

あの会社に居た時の気分を一言で言うなら、

 

 ショッカーの戦闘員になった気分

 

です。

 

誰だって、そんな仕事はしたくないですよね。


簡単すぎると思った・・・。

都合により短期間での就職が必要になったので期間限定とは告げずに派遣社員として仕事を探したことがありました。

 

インターネットで探し、応募したい会社があればその会社の派遣元になっている派遣会社に行き登録をするという感じでした。

 

良さそうな会社が見つかる度にその派遣会社に出向き面接を受け、パソコンのスキルチェックのためにタイピングのテストを受けたり、
一般常識に関する簡単なペーパーテストがあるところもあったりして、正直面倒でした。

 

ある日ネットで検索していたところ、時給が良く、月〜金曜勤務で残業も休日出勤もない、
専門職なのに何の知識も不要というとても条件の良い募集を見つけました。

 

私はその当時でもうすでに30歳を超えていたのでおそらく競争率が高いだろうなぁと思いながら派遣会社に電話をしたところ、
先方が至急で人材を欲しがっているためすぐにでもその会社に面接に行きましょうということで、
その派遣会社での面接なしで派遣先への面接に行くことになりました。

 

数日後の面接日、派遣先の会社前で初めて派遣会社の担当と顔を合わせ一緒に先方の人事担当の方と面接を受けたのですが、
面接といっても簡単な経歴を質問された程度で特に何も難しいことはなく、その日の夕方には採用の連絡があり、翌週から勤務することになりました。

 

その時はタイミングが良くてラッキーだったなぁと思っていたのですがどうやらそれは間違いでした。
入社してみるとかなりクセのある会社で、人が続かずしょっちゅう入れ替わっているようでした。

 

しまった、こんなに条件のいいところにそう簡単に決まるなんて何かあるのではと
もっと疑うべきだったと思った時にはもうすでに遅かったし、もちろん告げていなかったのですが自分の中で1年だけと決めていたし、
お金が必要だったのでどうにか頑張りました。

 

ついに1年を終えて自己都合により退職したいと申し出ると
派遣会社も派遣先会社も「あぁ、やっぱり」という感じであまり突っ込んでは聞かれませんでした。

 

その1年間は本当に大変だったけれど、やっぱり甘い話には裏があるという意味でいい社会勉強になったなぁと思います。