医療系の転職の秘訣は、活用できるものは全部活用する

以下、当サイトが多数の方たちから集めた転職体験談となります。

医療系の転職の秘訣は、活用できるものは全部活用する

私は経験5年目の医療関係の専門職です。

 

医療系のお仕事をされている方は、だいたい最初は病院などの医療専門機関で数年の経験を積みます。
そして、もっと働きやすい条件を求めて職場をかえるのケースが多いです。それなのでブランクがあったり、いくつもの職場を経験されている方が多いです。

 

私は3年の病院での勤務に疲れ、3年ほど健康・美容関連の職種で働いていました。こうして、医療関係の専門職の業務から距離をおいてみると、いくつかのメリットがよく分かるようになりました。

 

まずは介護のの分野での仕事は本当に多く、正社員の他にもバイトの需要もあるので、自分のペースで働けます。バイトの時給も資格手当がつく為、一般のバイトよりも高めに設定されています。そしてサービス業と異なり、土日は業務自体がお休みのところがほとんどなので、家族と過ごす時間もしっかり確保できます。

 

こうして楽観的に転職活動を再開したのですが、私はブランクがあることがコンプレックスになり数回面接にとおらなかっただけで落ち込んでしまいました。そこで大手の医療専門のコーディネート会社に登録して、履歴書の書き方から丁寧にアドバイスをいただきました。やはりこういう会社には、自分では探せないよい条件のお仕事がいっぱいありました。

 

今は無事お仕事をさせていただいていますが、よい条件で転職するには、活用できるものは全部活用したほうがいいと痛感しました。