専門職から派遣社員へ

以下、当サイトが多数の方たちから集めた転職体験談となります。

専門職から派遣社員へ

学校を卒業して調理の仕事をしていました。
調理の仕事は結婚しても続けていきたいと最初は思っていたのですが、現実はそうもいかず、断念してしまいました。

 

就職難でなかなか仕事がなく、臨時社員や契約社員での仕事をしていたので期限が来たので辞める事になりました。

 

仕事がなかなかなく、事務の資格をとって仕事の範囲を広めようと派遣登録をしました。
そして、事務職で働くことにしました。
知り合いにパソコンに詳しい人もいたので、パソコンを教えてもらいながら事務職をしました。

 

事務の資格は取らなかったのですが、タイピングは少し慣れてきました。
お給料も専門職にいた頃より多く、残業もなかったのでしばらくはそのまま事務の仕事をしていました。

 

結婚することになり、事務職も離れて専業主婦になったのですが、短期でお仕事を始めることにしました。

 

事務の仕事と、調理や製造の仕事の両方をすることができるようになり、範囲が広がったので、いろいろな仕事ができました。

 

今は、子育てをしていて専業主婦ですが、
子供から手が離れたら何かまた仕事をしたいと思っているので、手に職をつけようかなと思っています。

 

製造のお仕事もいいですが、事務職もいいなと思っています。